• 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会

アマリス750Zレーシックを徹底検証

アマリス500Zレーシックを徹底検証 アマリス500Zレーシックの特徴
エキシマレーザー比較(屈折矯正)
機器 アマリス750S
(アマリス750Zレーシック)
アレグレット
(イントラレーシック/Zレーシック)
眼球追尾システム
(照射時)
7次元 2次元
照射中1秒間に
眼の動きを認識
する回数
1050回 400回
照射スピード 750Hz 400Hz
照射時間
(軽等度〜中等度
近視の場合)
約3秒 約6秒
特徴
7次元全ての動きを瞬時に察知し、眼の傾きに対応。 眼球認識機能が2次元(眼の動きを平面の動きとして認識)のため、眼が傾いた場合、照射位置がずれてしまう場合がある。
 
眼球認識機能
(照射時)
7次元アマリス 2次元コンチェルト/アレグレット
7次元全ての動きを瞬時に察知し、眼の傾きに対応。 眼球認識機能が2次元(眼の動きを平面の動きとして認識)のため、眼が傾いた場合、照射位置がずれてしまう場合がある。
フェムトセカンドレーザー比較(フラップ作成)
機器 フェムトLDVクリスタルライン
・アマリス750Zレーシック
イントラレース
・イントラレーシック
クリスタルライン イントラレース
エネルギー量 1発のレーザーエネルギー量がイントラレースの約1/15なので、イントラレーシックに比べ、眼への負担が少ない。 フラップ作成時の1発のレーザーエネルギー量が大きい為、フェムトLDVに比べて眼への負担が多い。
電子顕微鏡での
比較
フラップ面の拡大図(フェムトLDV) フラップ面の拡大図(イントラレース)
フェムトLDVは、エネルギー量が小さいので、正常な組織構造を保っていることが確認できる。 フェムトLDVに比べ正常な組織構造を保ちにくい。
フラップの厚み フラップの厚さを細かく設定できるインターシールドをリンクさせることにより、均一なフラップの作成が可能。 わずかな誤差が生じる場合があるので、当院ではマイクロシステムをリンクさせることにより、誤差を解消。
フラップの形状
フェムトLDV イントラレース
厚さが均一で滑らかなフラップの作成が可能。 厚さが均一で滑らかなフラップの作成が可能。
術後経過 最新システムにより、術後に起こる眩しいといった症状が起こりにくい。 術後、明るいところで光が眩しく感じる場合があり、回復まで個人差によっては数ヶ月かかる場合もある。

当院は、日本で行われているほとんどのレーシック機器を導入しています。
それらを用いた多くの実績に基づき検証した結果、アマリス750Zレーシックは当院が自信をもってお勧めできる最高峰のレーシック治療です。

  • 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会