品川近視クリニック

老眼鏡とリーディングアイ・プラスどっちがお得!?

リーディングアイ・プラスとどっちがお得!?

老眼鏡はリーディングアイ・プラスに比べて安価ですが、一度購入しても、紛失や再調整などで平均約3年ごとの買い替えという維持費が必要になってきます。(※当院調べ)

老眼鏡を使い始める45歳から80歳までの間に、一体どのくらい費用がかかるのか、以下に比較してみました。

遠近両用眼鏡・老眼鏡・
老眼治療の比較表

※上記のグラフは45歳以上の人が80歳までの35年間に、3年周期で計11回老眼鏡を買い替えた場合の金額

リーディングアイ・プラスはお得なだけじゃない!

  • 老眼鏡のわずらわしさから解放!
  • 遠くも近くも快適な視界!
  • 裸眼で不便なく過ごせるので、若返った気分に!

リーディングアイ・プラスとは?

レーシック施術時に、片眼の角膜内にカムラインレーという、コンタクトレンズよりも小さい直径3.8ミリ・厚さ5ミクロンの黒いリングを挿入します。

真ん中には小さな口径の穴が開いており、ピンホール効果により、近くの物が見えるようになります。挿入後の見た目に違和感もなく自然に仕上がります。カムラインレーは術後、取り出すことも可能です。 (KAMRAは米国アキュフォーカス社の登録商標です)

リーディングアイ・プラスの詳細はこちら

まずはお気軽にご相談ください

無料検査予約はこちら

お電話でのご予約は

0120-412-772

受付時間 10:00~20:00(年中無休)