品川近視クリニック

白内障手術厚生労働省認定 先進医療実施施設

※東京院・福岡院で実施

日帰り白内障手術

屈折矯正専門クリニックが提供する

白内障手術

先進医療特約対応

先進の白内障手術

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体と言う部分が白く霞んでくる病気です。
白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内障(加齢白内障)といわれています。
品川近視クリニック 東京院・福岡院は、「多焦点レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」において先進医療施設の認定を厚生労働省より受けておりますので、多焦点レンズを用いた手術自体は自己負担となりますが、術後の診察などは保険適応が可能です。
≫≫厚生労働省:先進医療の概要について
また、民間の医療保険等で『先進医療特約』に加入されている場合、実質負担0円となる場合があります。

手術に使用するレンズ


テクニスマルチフォーカル
(AMO社製)
品川近視クリニックで取り扱うレンズは大きく分けて、3種類です。
・遠方か近方のどちらか一方に焦点を合わせる“単焦点レンズ”
・遠方と近方の二つに焦点を合わせる“2焦点レンズ”
・遠方、中間距離、近方の三つに焦点を合わせる“3焦点レンズ”
2焦点レンズと3焦点レンズを総称して“多焦点レンズ”と呼びますが、先進医療に対応するのは“2焦点レンズ”のみです。

眼内レンズ見え方シミュレーション

  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。

  • 近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、できなくなっている状態です。

  • もやがかかったように風景が白くかすんで見えたり、 光の強い屋外や明るいところでは、まぶしくて見えにくい状態です。

  • 通常のクリニックで使用される、焦点が1つのレンズです。遠くか近くのどちらか一方にピントを合わせますので、他方を見るには眼鏡が必要になります。写真では近くに焦点を合わせた状態です。

  • 通常のクリニックで使用される、焦点が1つのレンズです。遠くか近くのどちらか一方にピントを合わせますので、他方を見るには眼鏡が必要になります。写真では遠くに焦点を合わせた状態です。

  • 多焦点眼内レンズは、遠方・近方両方にピントを合わせる事ができますので、より自然な見え方を追求する方におすすめです。

  • 近く・中間距離・遠くに焦点が合っている状態です。2焦点レンズではカバーできなかった中間距離もはっきり見え、手術後、眼鏡が必要になることはほとんどありません。

  • 正常な状態
  • 老眼
  • 白内障
  • 単焦点レンズ
    (焦点を近く)
  • 単焦点レンズ
    (焦点を遠く)
  • 2焦点レンズ
  • 3焦点レンズ

白内障手術について

診察日
年中無休
手術時間
30分程度(片眼)
術後の定期検診
翌日・3日後・1週間後・1ヵ月後・ 3ヵ月後・ 6ヵ月後・1年後
1年以降は1年毎
保障期間
3年
  • 白内障手術/先進医療は、東京院・福岡院で実施しております。
  • 自費診療の、手術予約の際には内金として、カタリスを希望される方は50万円、
    カタリスを希望されない方は多焦点眼内レンズなら30万円、
    単焦点眼内レンズなら6万円をお支払い頂きます。(片眼の場合は半額です)
    返金出来ませんので、あらかじめご了承ください。
  • 手術日の詳しいスケジュールについては電話でお問合せください。

まずはお気軽にご相談ください

無料検査予約はこちら

お電話でのご予約は

0120-412-772

受付時間 10:00~20:00(年中無休)