品川近視クリニック

イントラ角膜リング

円錐角膜の患者様へ

円錐角膜の画期的な治療法であるイントラ角膜リングの手術が、日本で初めて当院で行われました。今までレーシック等の治療が不可能だった円錐角膜の患者様に対しても、手術が可能になりました。今まで手術不適応などで視力回復を諦めていた方も是非一度ご相談ください。

円錐角膜とは?

角膜が薄くなり、角膜の表面が円錐状に突出してくる病気です。円錐角膜の場合、進行する度合いは人によって様々で、数ヶ月の間に進行する場合もあれば、何年もかけて進行する場合もあります。進行するにつれ不正乱視が強くでて、多くの場合30歳前後で進行が止まるといわれています。最悪の場合、角膜移植をしなければならないケースもあります。

イントラ角膜リングとは?

円錐角膜が原因で、レーシックでは効果が期待できない方に適した手術です。角膜内に半円のリングを挿入して、角膜の形状を変えて近視・乱視を治療します。以前の角膜リングの挿入は器具を用いて角膜を切開しリングを挿入していましたが、当院ではイントラレースレーザーを用いることで、コンピュータ制御による角膜の切開が可能になり、より安全かつ正確な手術が行えるようになりました。円錐角膜治療では最新の技術であり、最も安全な方法です。

イントラ角膜リングの特徴

1角膜の強度を高めて、円錐角膜の進行を遅らせることができると言われています。

2近視・乱視の治療が可能ですが基本的には、コンタクトレンズを装用しても視力が改善しない人やコンタクトレンズを装用できない人にコンタクトレンズの装用を可能にする手術です。

3万が一効果がない場合はリングを取り出して元の状態に戻す事もできます。

4眼への負担が少ないので、術後の炎症が少ない!

回復の幅には個人差があり、レーシックほどの矯正精度はありません。

リング・術後のイメージ

手術日
手術日時はクリニックまで直接お問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-412-049
手術時間
20分程度(片眼)
術後の定期検診
翌日・(3日後)・1週間後・(2週間後)・1ヵ月後・(2ヵ月後)・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後
保障期間
1年
  • 角膜リングの手術は予約の際に内金として20万円をお支払い頂きます。(片眼の場合は半額)
  • 角膜リングの手術は東京院・福岡院で実施しております。
  • 両眼の手術の場合は片眼の手術から1ヶ月後にもう片方の手術をお受け頂いております。
  • 手術日の詳しいスケジュールについては電話でお問合せください。
  • 術後の定期検診は状態によって、増える場合がございます。
  • 1年目以降の定期検診は1回5000円になります。(点眼薬代含む)

イントラ角膜リング体験者

イントラ角膜リング体験者

高橋 良之さん(25才 会社員)
右眼 0.08→1.5
左眼 0.6→1.2

イントラ角膜リング体験者

袴田 知宏さん(32才)
右眼 0.2→1.2
左眼 0.2→1.2

イントラ角膜リング体験者

古川 志保子さん(35才 会社員)
右眼 0.05→0.9
左眼 0.05→1.2

まずはお気軽にご相談ください

無料検査予約はこちら

お電話でのご予約は

0120-412-772

受付時間 10:00~20:00(年中無休)