• 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会

体験談

老眼治療(CK)

女性
47才女性(団体職員)
簡単な手術で、メガネやコンタクトがなくても、全然困らない快適に過ごせる。
老眼治療(CK)を受けようと思ったキッカケは何ですか?
2007年にレーシックで近視の手術をして、コンタクトレンズとはお別れできましたが、仕事上(事務)細かい数字など判読不能で老眼鏡が手放せなくなってしまいました。
通常は裸眼で過ごせ快適ながらも、例えば通勤電車の中で携帯画面を見るときに老眼鏡を出したり、スーパーで買物する時、細かい表示が見えなかったりするとテンションが下がりますよね。それで老眼治療をする事にしました。
老眼治療(CK)の感想
【 手術当日・手術翌日 】
手術は痛みもなく簡単に終わりました。
しかし、麻酔がきれる頃から目の中の“ゴロゴロ感”がすごく、まともに目をあけていられませんでした。
手術翌日も午前中は殆ど目を閉じていました。
夕方の検診の頃には少しは目を開いていられるようになり、先生にも明日になればかなりラクになると言われました。
そして3日後、先生の言葉通り”ゴロゴロ感”は全くなくなりました。
【 手術1週間後】
まだ視力が安定していないので、少し離れた文字(30cmくらい)は見えにくく、10~20cmはよく見える状態です。
これも最初の内はそうなると聞いているので、今後安定してくれば少し離れた物もよく見えると思います。
老眼治療(CK)を受けてよかったと思われることは何ですか?
とにかくメガネやコンタクトがなくても、全然困らない!って事が最大のメリットです。年齢を重ねていくとカラダのあちこちに色々な障害が出てくるのは当たり前かもしれません。
でも、それで諦めてしまうのは、ちょっと悔しいですよね。簡単な手術でその後が快適に過ごせるのなら、こんなにいい事はないと思います。
老眼治療(CK)を受けようか考えている方へアドバイスをお願いします。
老眼治療は、片目は遠くを見るためのもの、もう一つの片目で近くを見るという状態です。左右の目の見え方はウィンクすると全然違うので、ビックリですが両目で見るとほんとに気になりません。
私は手術前に老眼鏡のレンズが片方行方不明になったのですが、いつからなくなったのか気付かず過ごしていました。
ためしに老眼鏡のレンズを片方はずして1日過ごしてみては?
それが手術後の世界です。

    品川近視クリニック各院のご案内

    品川近視クリニック 東京院
    有楽町駅前
    日本最大級の屈折矯正専門クリニック
    品川近視クリニック 札幌院
    札幌駅直結
    3万症例を超える豊富な実績
    品川近視クリニック 名古屋院
    名古屋駅徒歩7分
    中部地区最大の屈折矯正クリニック
    品川近視クリニック 梅田院
    大阪駅徒歩圏内
    関西圏トップクラスの症例実績
    品川近視クリニック 福岡院
    天神駅徒歩1分
    九州各県から多くの患者様がご来院

    視力回復をお考えの方は、レーシック世界トップレベルの実績を誇る品川近視クリニックにお気軽にお問い合わせ下さい。

    • 無料検査予約
    • 無料メール相談
    • 無料資料請求
    • レーシック説明会