• 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会

Zレーシック徹底検証

眼にやさしくより安全で質の高さを求めるならZレーシック

Zレーシックとイントラレーシックを両方行っているのは、日本で当院のみです

当院では、より安全で質の高い施術をお客様にご提供するため、Zレーシックとイントラレーシックとの違いをメーカーの協力のもと、検証してまいりました。
その結果、以下の事が優れている結論に至りました。

しかし、中にはZレーシックを行っていない施設が、Zレーシックについて比較している場合がありますが、当院では実際のデータに基づき検証してきた結果、 Zレーシックがより質の高い施術と確信しておりますので、 少しでも負担が少なく、より高いクオリティの施術を求める方には是非、Zレーシックをお勧めします。

施術名 Zレーシック イントラレーシック
料金 20.4万円 (両眼・税抜) 14.7万円(両眼・税抜)
保障 8年 5年
執刀医 眼科専門医 眼科専門医
フラップ作成 Zレーシック イントラレーシック
機械

フェムトLDV

最新のフラップ作成レーザー。

イントラレース

日本で最も実績が多い、フラップ作成レーザー。
安全性 フラップ作成時の1回のレーザー照射が小さく、エネルギー量がイントラレースの1/10〜1/50なので、イントラレーシックに比べ、角膜組織へのダメージが少ない。 フラップ作成時の1回のレーザー照射が大きい為、角膜組織へのダメージがフェムトLDVに比べて大きい。
電子顕微鏡での
比較
フラップ面の拡大図 フラップ面の拡大図
フェムトLDVはダメージが少ないため、組織レベルにまで拡大すると正常な組織構造を保っていることが確認できる。正常な組織構造を保っていることが、施術後の早期回復につながっている。 フラップの表面は、イントラレースもフェムトLDVと同等に見えるが、これを組織レベルにまで拡大して見ると、ダメージによって正常な組織構造が保たれていないことが確認できる。
フラップの厚み フラップの厚さを細かく設定できるインターシールドをリンクさせることにより、均一で患者様の眼の状態に合わせた、理想的なフラップを作成することができる。 フラップの厚みにわずかな誤差が生じる場合があります。当院ではその誤差を、イントラレースFS60レーザーと誤差調整マイクロシステムをリンクさせることにより、誤差の無い正確なフラップ作成が可能。
フラップの形状

フェムトLDV

フェムトLDV

イントラレース

イントラレース
厚さが均一で滑らかなフラップの作成が可能。 厚さが均一で滑らかなフラップの作成が可能。
術後経過 最新システムにより、術後に起こる眩しいといった症状が起こりにくい。 術後、明るいところで光が眩しく感じる場合があり、回復まで個人差によっては数ヶ月かかる場合もある。
屈折矯正 Zレーシック イントラレーシック
機器

アレグレット

世界で最も使用されているエキシマレーザー。

アレグレット

世界で最も使用されているエキシマレーザー。
照射時間
(中等度近視の場合)
約6秒 約6秒
照射中1秒間に眼の動きを認識する回数
(アイトラッキング)
400回 400回

上記の通り、Zレーシック、イントラレーシックを比較した結果、Zレーシックが他の施術に比べ、より安全で質の高い施術だということがお分かり頂けると思います。

  • 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会