品川近視クリニック

スタンダードレーシック

スタンダードレーシックはマイクロケラトーム(眼球専用カンナ)を使用してフラップを作成し、角膜の実質層にエキシマレーザーを照射して、角膜の屈折力を変える視力矯正手術です。

1年間の安心保障

レーシックは、ただ手術を受けるだけでいいというものではなく、術後のケアが大切です。当院では翌日・1週間後・3ヶ月後の定期検診の他、患者様に安心して手術を受けて頂けるように保障制度を設けています。

手術方法

1点眼麻酔

麻酔用の点眼薬を数滴さします。

2フラップの作成

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)で角膜の表面を固定し、フラップを作成します。

3屈折矯正

フラップを開き、適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

4消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。消毒をして手術は終了です。

5手術後

状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。手術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。

手術日
水曜日(祝日・祝前日は除く)の17時
手術時間
20分程度(両眼)
術後の定期検診
翌日・1週間後・3ヵ月後
保障期間
1年
実施院
東京院
  • スタンダードレーシックは40歳以上の方は受けられません。また、近視・乱視が強い方、角膜厚不足の方は他の手術をお勧めする場合がございます。
  • 手術日の詳しいスケジュールについては電話でお問合せください。

レーシックに関する意識調査

まずはお気軽にご相談ください

無料検査予約はこちら

お電話でのご予約は

0120-412-772

受付時間 10:00~20:00(年中無休)