• 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会

スタンダードZレーシック

FEMTO LDV

スタンダードZレーシックは、フラップの作成にトップビューカメラ搭載のFEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)と屈折矯正には多くの実績を残しているエキシマレーザー(コンディションメーター付設)を使用しています。
従来型のFEMTO LDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、当院で使用している最新のFEMTO LDVは手術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。

※トップビューカメラはFEMTO LDVを使用する上では大変重要なシステムです。
※東京院,札幌院にて実施しております。

エネルギー量

イントラレースレーザー

フラップ作成時の照射エネルギーがイントラレースレーザーよりも小さく、照射時間が短いのが特徴です。また、角膜切開面が非常にキレイに仕上がり、術後の炎症も少なく、術後に眩しくなる症状が出る確率が低いというメリットもあります。

組織ダメージ

照射隙間

特徴1

フラップ作成後、部屋を移動せずにそのままエキシマレーザーの照射行程に入れますので、手術時間が短縮され眼への負担が少なくなりました。

特徴2

トップビューカメラ

最新型の機器ではトップビューカメラが付いているので、手術中も患者様の眼を操作画面上で確認しながらフラップを作成することができ、更に安全性が向上しました。

世界トップクラスの症例数を誇る最高級のエキシマレーザー

エキシマレーザー

スタンダードZレーシックでは、屈折矯正に多くの実績を残している「エキシマレーザー(コンディションメーター付設)」を使用しています。軽度近視の方であれば照射時間はわずか数秒で済み、眼への負担が大幅に軽減され、手術の精度・安全性が高まりました。

安定したレーザー照射を実現したコンディションメーター

屈折矯正を行うエキシマレーザーは、大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して、仕上がりに影響がでます。 当院では、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで、安定したレーザー照射を実現しています。

点眼麻酔
1. 点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。

フラップの作成
2. フラップの作成

フェムトセカンドレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。

屈折矯正
3. 屈折矯正

フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

消毒
4. 消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして手術は終了です。

手術後
5. 手術後

手術は数分程度で終わり、状態が安定するまで15分程回復室でお休み頂きます。手術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。

術後の定期検診 翌日・1週間後・3ヵ月後
保障期間 8年

Zレーシックとイントラレーシックの違いを徹底検証!

当院では、より安全で質の高い手術をお客様にご提供するため、Zレーシックとイントラレーシックとの違いをメーカーの協力のもと検証し、Zレーシックの方がイントラレーシックに比べ、より安全で質の高い手術だという結果が出ました。

詳しくはこちら

認定証

Z-LASIK認定証

Zレーシック認定証

シュインド指導医認定書

シュインド指導医認定書

Zレーシック症例数 世界一を受賞!

アメリカ眼科学会のZレーシックシンポジウムにて、ジーマー社CEOジーマー氏より、Zレーシック症例数世界一を受賞しました。


  • 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会