• 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会

レーシックやICL以外の視力回復ってどうなの?

色々ある視力回復の方法、その効果は…?

「メガネやコンタクトレンズに頼らずに裸眼で生活したい!」

視力回復方法として医学的に確立された「レーシック」と「ICL(眼内コンタクトレンズ)」。

しかし、視力回復の手段としてレーシックやICL(眼内コンタクトレンズ)以外にも

「オルソケラトロジー」や「視力回復トレーニング」などが巷で取り上げられています。

「オルソケラトロジー」や「視力回復トレーニング」は、本当に効果があるのでしょうか?

  • レーシック

    目の角膜にレーザーをあて、屈折率を調整して視力を回復。
    日本でも既に200万人が受けたと言われています。

    さらに詳しく

  • ICL

    虹彩と水晶体の間にレンズを挿入し、角膜を削ることなく視力回復することが可能です。また、他の人から見てレンズが入っていることはわかりません。

    さらに詳しく

  • オルソケラトロジー

    夜寝ている間に特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜の形状を矯正。一時的に視力回復効果が得られます。

    さらに詳しく

  • 視力回復トレーニング

    トレーニングによって眼筋を鍛えることで、視力回復を促します。効果は個人差があり、根気よく続けることが必要です。

    さらに詳しく

  • 無料検査予約
  • 無料メール相談
  • 無料資料請求
  • レーシック説明会