品川近視クリニック

リーディングアイ

老眼とは?

老眼とは、40歳を過ぎるとだんだん眼の中の水晶体の弾力が衰え、眼の調節機能が低下するため、近くが見えにくくなる症状のことです。

【若視】水晶体は近くの物に焦点を合わせる事ができる。【老視】水晶体に弾力性が無いため、焦点を合わせる事ができない。

リーディングアイとは?

リーディングアイとは、角膜内に「カムラインレー」というコンタクトレンズよりも小さく黒いリングを挿入する施術です。「カムラインレー」には真ん中に小さな穴が開いており、「ピンホール効果」で近くの物が見えるようになります。

カムラインレー挿入眼

水晶体に弾力性が無く、焦点を合わせることができないが、カムラインレーのピンホール効果により、ピントが合っている状態に近づきます。

ピンホール効果の仕組み

老眼の眼

ピンホール効果

老眼治療:施術の流れ

老眼手術が受けられる方

下記の条件の方に手術が可能です。条件外の方でも手術可能な場合もありますので、まずはお気軽にお問合せください(ご相談は無料です)。

  • ・40歳以上の方
    詳しくはクリニックまでお問合せください。
  • ・白内障や緑内障などの疾患がない方
    過去に白内障手術をされて、術後6カ月以上経過された方は受けられます。
  • ・適応検査で手術が可能と診断された方
術後の定期検診
翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後
1年後以降は6ヶ月に1回の定期検診になります。
保障期間
3年
手術日時
クリニックによって実施日時が異なります。詳しくは、フリーダイヤル0120-412-049までお問い合わせ下さい。
  • 夜間運転する職業の方は受けられない場合がございます。詳しくはクリニックまでお問い合わせください。
  • カムラインレーは片眼のみに挿入する治療です。
  • 術後の定期検診は、状態によって増える場合がございます。

手術時、手術後のケアが重要な為、以下を条件とさせて頂きます。

  • 1.日本語をある程度話す事ができる。
  • 2.日本語が話せない場合は、通訳の方を必ず同伴して下さい。
  • 3.日本語を話す事は出来るが、読み書きが出来ない場合は、術後検診にも必ず通訳の方を同伴して下さい。





よくある質問

Q.

カムラインレーとはどういったものなのですか?

A.

カムラインレーは非常に小さなリングで、目の角膜内に挿入します。リングの中央には1.6ミリのピンホールがあり、リング表面には高精度レーザーで8,400個の穴が開けてありますので、角膜の健康が保たれるように作られています。素材は白内障手術に使用されている素材でできていますので、角膜内に挿入しても問題ありません。

Q.

過去にレーシックを受けていても手術は可能ですか?

A.

リーディングアイは老眼の症状がある40歳以上の方で、レーシックを受けられている方でも、過去に白内障手術をされた方(術後6カ月以上経過)でも受けて頂けます。
札幌院・福岡院では、40歳~65歳までの方が対象です。

Q.

どのような効果が期待できますか?

A.

老眼治療によって、携帯メールを読んだり、ノートパソコンの画面を見たり、食品の表示ラベルやレシートなど、日常時に目にするものを読むときなど、これまでよりもくっきりと見えるようになる効果が期待できます。

Q.

アレルギーがありますが手術に支障はありますか?

A.

アレルギーがある場合でもほとんどの場合は手術には支障はありません。ただし、検査の結果、アレルギー症状が重い場合には、先にアレルギー症状の治療を行ってから手術をお受け頂いた方が良い場合もございます。また、適応検査の結果によっては、手術をお受け頂くことが出来ない場合がございますことをご了承下さい。(リーディングアイ手術後のアレルギー治療に関しては、内服薬や注射は特に制限はございません。点眼に関しては当院医師の指示に従ってください。)

学会情報

2012

  • ASCRS(米国白内障眼内レンズ屈折矯正学会)にて最優秀賞受賞

    【2012年4月】

    アメリカで年に1回開催されるASCRS(米国白内障屈折矯正手術学会)が2012年4月20日~24日の5日間、シカゴで開催されました。世界中から約7300人のドクター及び眼科関連スタッフが集まり、1000を超える発表が行われました。また展示場の出展の為、企業からは約5000人が参加しました。

    APAO(アジア太平洋眼科学会) in 韓国 釜山

    【2012年4月】

    韓国・釜山で開催されたアジア太平洋眼科学会(APAO)に出席し、クロスリンキング、老眼治療のカムラレーシックをはじめとする臨床成績の6つの講演を行いました。中でもリーディングアイ・プラスの発表では、講演に参加しているドクターが大変興味を持ち、有意義なディスカッションが繰り広げられました。

    ASCRS(米国白内障・屈折手術学会) in アメリカ サンディエゴ

    【2012年3月】

    老眼治療レーシック、リーディングアイ同時手術の1年の術後成績。
    老眼患者のレーシック、リーディングアイの同時手術に対する挿入位置ずれの影響と視力。
    高度近視患者の眼球高次収差の増加:エキシマレーザー2種の比較(e-poster)。
    カムラインレーを挿入した老眼患者の実用近方視力の評価(e-poster)。
    屈折異常を有する老眼患者に対する新しい外科的治療:レーシック・カムラインレー挿入同時手術(フィルム)。
    どうなるのか?いつ老眼がはじまるのか?(シンポジウム講演)。

    Hawaiian Eye 2012(ハワイアンミーティング)
    in アメリカ ハワイ

    【2012年1月】

    老眼治療リーディングアイ・プラスの2,000症例の報告。

2011

  • ESCRS(欧州白内障・屈折手術学会) in オーストリア ウィーン

    【2011年9月】

    レーシック後リーディングアイの術後成績。
    アマリス750のレーシック術後成績。
    アマリスの優位点について(シュウィンドシンポジウム:シュウィンド社CEOより依頼)。
    クリスタルラインを使用したレーシック後の老眼治療(ジーマーシンポジウム:ジ―マー社CEOより依頼)。
    カムラインレーに関して(アキュフォーカスシンポジウム:アキュフォーカス社CEOより依頼)。
    レーシック+クロスリンキングの術後成績(アベドロシンポジウム::アベドロ社より依頼)。

    ISRS(国際屈折矯正手術会議) in アメリカ オーランド
    AAO(米国眼科学会) in アメリカ オーランド

    【2011年10月】
    リーディングアイ・プラスの年齢別術後成績。
    レーシック後リーディングアイの術後成績。
    ジーマーシンポジウムにて講演(ジ―マー社CEOより依頼)。 老眼手術とレーザ-リフラクティブ手術に関して(インストラクションコースを2コース)。

まずはお気軽にご相談ください

無料検査予約はこちら

お電話でのご予約は

0120-412-772

受付時間 10:00~20:00(年中無休)